ファックスプラス ロゴ
オンラインファックス

オンライン ファックス サービスの長所と短所 - 切り替える価値はありますか?

FAX.PLUS チーム
FAX.PLUS チーム
時計のアイコン
3 分で読めます

何らかの形で規制業界に関係している場合は、文書を転送するために何十回もファックスを送受信したことがあるでしょう。また、FAX 機を使用してそのような大量のドキュメントを送信している場合は、より効率的で生産的な代替手段を探している可能性があります。したがって、オンライン ファックス サービスの長所と短所について学ぶことは、クラウドベースのファックス サービスに切り替えるか、従来のファックス機またはファックス サーバーを使い続けるかを決定するのに間違いなく役立ちます。

オンライン ファックス サービスの長所と短所:

長所:

いつでもどこからでもアクセス可能:ドキュメントにアクセスし、FAX を送受信するには、PC、ラップトップ、モバイル、タブレット、およびインターネット接続が必要です。

受信したすべてのファックスを印刷する必要はありません:あなたの会社がヘルスケア、法律、不動産、その他の規制産業で活動している場合、毎日何百ものファックスを受信していることになります。オンライン FAX サービスを使用する場合、受信した FAX を印刷するか、削除するか、保存するかを選択できます。

‍ メンテナンス費用はありません:支払う必要があるのは、サブスクリプションを更新するための費用のみです。ファックス機のメンテナンス コストや、インク、トナー、そしてもちろん用紙のコストについて心配する必要はもうありません。

‍ 一度に複数の連絡先に FAX を送信する:ほとんどのオンライン FAX サービスでは、1 つのドキュメントを一度に複数の受信者に送信するオプションが提供されています。一度送信する書類を用意して、一度に複数の連絡先に送信するだけでよいということです。

‍ さまざまな国から専用のファックス番号を取得する:従来のファックス機を操作するには、固定電話番号に接続する必要があります。これは、米国にいる場合、日本のファックス番号を取得できないことを意味します。しかし、オンライン ファックス サービスを使用すると、どこにいても、任意の郡から専用のファックス番号を取得できます (ファックス プロバイダーがその国をサポートしている場合)。

ファイルをより簡単かつ迅速に整理:送受信したすべてのファックスはクラウド ストレージにデジタルで保存されるため、それらを簡単に整理し、ドキュメントにタグを割り当てて、タグを検索して特定のドキュメントを見つけることができます。

‍ 電子署名:この優れた機能により、オンライン FAX アプリ内で文書や契約書に署名し、すぐに返送することができます。

短所:

プリンターが必要な場合があります:ドキュメントをクラウド ストレージに保存する方が効率的で整理されていますが、ドキュメントの物理的なコピーを組織に配信する必要がある場合もあります。このような場合、プリンターを見つけてファックスを印刷する必要があります。

‍ インターネット接続が必要です: インターネットへのアクセスが制限されている場所に住んでいる場合、または接続が安定していない場合は、オンライン FAX サービスへの切り替えは賢明ではないかもしれません。

では、オンライン ファックス サービスの長所と短所のリストに何を追加しますか?

タグ

おすすめの投稿